青空の下でコーヒーを

自分がわからなくなった自分ために、自分を表現するためのブログ

テストステロンとは? 〜男には必須のポジティブホルモン〜

どーも!青空コーヒーです!
 
みなさんは、男性ホルモンで満たされていますか?
 
男性であれば、男性ホルモンが多いほど魅力的な男性になるそうです。
 
 
 
でも、なんで男性ホルモンが多いとモテたりするのか、あんまり理由まで知らない人は多いかなと思います。
 
今回は男性ホルモンの中でも、テストステロンと呼ばれるホルモンに注目していきます。
 
テーマは、
「テストステロンとは? 〜男には必須のポジティブホルモン〜」
です!
 
 
 
目次
 
 
 

テストステロンとは?

テストステロンは、男性ホルモンの1つです。
と言いますが、全体の95%がテストステロンらしいので、「男性ホルモン=テストステロン」で問題なさそうです。
 
男性の場合は睾丸で作られます。一応女性も卵巣で少し作られているそうです。
 
 
原料は油とかでトピックになるコレステロールです。
分泌量は主に脳の視床下部でコントロールされ、1日にだいたい7 mg くらいだそうです。
 
 
このテストステロンは、人生において大きく3回の波があるそうです。
 
一度は胎児のとき、二度目は生後2週間から6ヶ月、三度目は思春期。
 
思春期にヒゲが生えたり声変わりして男っぽくなるのは、テストステロンの影響のようですね。
 
 
 
また分泌量は日の中でも異なります。
起床時がピークで、夕方は落ち込みが激しいようです。
 
男性でいう朝勃ちもテストステロンの影響です。
 
 
 
余談かもしれませんが、
右手の薬指と人差し指はどちらが長いですか?
 
薬指が人差し指よりも長いと、テストステロンが多いそうです。
 
ちなみに僕は薬指の方が長いです。(笑)
 
 
 

テストステロン値が高いとどうなる?

では、テストステロンの分泌量が高いとどうなるのでしょうか。
 
 
肉体的な効果
まずは肉体的なところから。
話が長くなるので、簡潔にリストでまとめました。
  • 骨や筋肉の強化や維持
  • 血液を作る
  • 動脈硬化の予防
  • たんぱく質の合成を助ける
  • 筋力筋肉の増強
  • メタボの予防
  • ヒゲや体毛が生えてくる
  • 性機能の維持
  • 痛みを鈍らせる
 
 
精神的な効果
続いて精神的な効果をまとめておきます。
 
  • 性欲が高まる
  • チャレンジ精神
  • ヒーロー感
  • 内面における男らしさ
  • 判断力の向上
  • 決断力の向上
  • 闘争心の駆り立て
  • 冒険心が強い
  • 人の心をつかむのがうまい
  • 値が低い人から慕われる
  • リーダーになりやすい
  • 空間認知力に優れる
 
テストステロンは起床時に最も分泌されるといいましたよね。
 
そこに決断力が高まるという特徴を合わせるのであれば、朝早くに重大な決断をする方がいいと言えそうですね。
 
 
 
 
ここからは、さらなる特徴をピックアップします。
 
幸福感を与える
テストステロンには、幸福感を与える役割があります
 
脳には、報酬系と呼ばれる幸福感ややる気を生む場所があります。
 
そこでの幸福感の元となるのが、ドーパミンです。
 
そして、そのドーパミンの分泌を促すのが、テストステロンです。
 
なので、テストステロンが幸福感を与えると言っても過言ではありません。
 
 
 
女性にモテる
重要ですね。笑
テストステロンが高いと女性にモテるようになります。
 
女性の生物としての本能は、よりよい子孫を残すことです。
 
テストステロンが高い、男らしい男に魅かれるのは、生物学的な視点ではごく自然なことです。
 
 
 
緊張や興奮によって分泌促進
テストステロンは、緊張や興奮がきっかけで分泌が促進されます。
 
特に、不安定な興奮によって分泌が促進されます。
 
不安定な興奮とは、けんかなどの闘争、そして浮気です。
 
遊び男が浮気するのは、テストステロンによる浮気サイクルができているからかもしれませんね。笑
 
 
 
逆に低いと心筋梗塞脳梗塞の原因に
逆にテストステロンの分泌量が少ないと、高血圧、内臓脂肪の増加につながります。
 
この影響で、心筋梗塞脳梗塞といった病に侵される可能性が高くなります。
 
 
また、テストステロンの分泌量を下げる最大の原因は、精神的なストレスだそうです。
先ほど緊張によって分泌促進と言いましたが、ストレスは悪影響を及ぼします。
 
 
 
 
テストステロンは多いとメリットが多いのに、少ないとデメリットが出てきます。
 
これはテストステロンを増やすしかないですね!
 
 
 

テストステロンを増やすには?

では、どうやってテストステロンを増やせばいいのでしょうか?
 
 
バランスの取れた食事
まずはバランスが取れた食事から。
 
特に気をつけて欲しいのが、コレステロールビタミンD亜鉛の3つです。
 
先ほども言ったように、コレステロールはテストステロンの原料です。
不足しているとテストステロンが生成されません。
 
かといって取りすぎもまた健康にはよくないです。
バランスを意識しましょう。
 
亜鉛については後ほど。
 
 
 
また、アルコールはほどほどに控えてください。
 
1,2杯であればストレス解消にはちょうどいいので、それくらいにしておきましょう。
 
たしなむ程度が理性ある大人っぽいですよ。
 
 
 
適度な運動
適度に運動することで、ドーパミンなど他のホルモンの分泌にも影響します。
 
忙しくて運動の時間がなかなか取れなかったりしますよね。
でも、運動の時間は優先的に取るように意識しないといけません。
 
30分でいいので、しっかり意識して運動するようにしましょう。
 
 
そんなに時間取れない!という方は、ストレッチだけでも構いません。
 
寝る1時間前に軽くストレッチすることから始めてみてはいかがでしょうか。
 
 
 
筋トレ
筋トレといえばテストステロン、と言われるくらいには密接な関わりがあります。
 
実は僕もこの記事を書こうと思ったのは、この本がきっかけでした(笑)
 
 
1ページごとに松岡修造みたいな熱い筋トレメッセージが書かれています。
筋トレすればいいんじゃね?と思わせてくれる最高の本ですよ!
 
 
 
十分な睡眠
もう聞き飽きましたよね。
 
でもやはり睡眠は大切です。
 
理想は6〜7時間ですが、あとは個人差。
自分にあった睡眠時間を見つけてください。
 
目安として、起きてから3時間くらいして眠くなるようであれば、それは睡眠不足のようです。
 
その日だけ足りていないのか、はたまた習慣的に足りていないのか、自分を見つめましょう。
 
 
また、22〜3時はゴールデンタイムと呼ばれ、一般的にホルモン分泌量が多い時間帯です。
 
この時間帯のどこかで3時間はきっちり睡眠を取るようにしましょう。
 
僕は24〜6時寝でここがけています。
 
 
規則正しい生活リズム
まぁ上の方法をまとめただけなんですけどね(笑)
 
結局ベースとなるのは、規則正しい生活リズムです。
 
人間本来の生き方、朝起きて昼活動して夜は寝る、この動物的な生き方がいいんです。
 
 
 
ストレスを溜めない
ストレスが溜まっていると、どうしてもホルモンバランスが崩れてしまいます
 
ストレスは溜めずに、ほどよく解消するようにしていきましょう。
 
 
 
マスターベーションをしすぎない
いきなりなんだこれってかんじかもですけど、結構重要です。
 
他の記事で、アスリートは試合前に性行為をするべきか否か、という点を言及しているのもありました。
 
結論としては、射精はテストステロン低下につながるからしすぎない方がいい、ということです。
 
 
まず、しすぎというのがいけないです。
毎日しているということは、おそらくパートナーがいないか、パートナーはいるけど満足していない状態です。
 
なんにしろ、性欲は有り余っているはずです。
 
テストステロンが低下
⇒マスターべーションをする
⇒それで満足する
⇒相手とはしない
⇒テストステロン低下
 
というサイクルになります。これが早いと非常に悪循環。
 
 
 
射精をすると、オキシトシンプロラクチンという2つのホルモンが出てしまうようです。
 
オキシトシンは別記事に少しだけあるので、そちらを参照で。
 
プロラクチンとは、脳下垂体を刺激するホルモンです。
これは、コルチゾールというホルモンの活動を高めてしまいます。
コルチゾールについては今後まとめていこうと思っていますが、
 
コルチゾールは、ストレス下で分泌され、筋肉の分解作用があります。
 
筋トレしてテストステロンも筋肉も増えているのに、マスターベーションして筋肉分解とか、プラマイゼロですよね。
 
 
 
また射精の精液には、亜鉛アルギニンという栄養分も含まれています。
 
さきほどいったように、亜鉛はテストステロンの生成には重要なので、体内から出してしまうとテストステロンの生成に影響してきます。
 
 
 
ですが、まったくマスターべーションをしないというのも、それも性欲を処理できないので問題ですよね。
 
なので結論としては、
 
興奮はOK、頻繁には出さない。
出すときはなるたけ我慢してマックスパワーで爆発!
 
 
 
というかんじです。笑
 
  
異性に対するドキドキ
男性を前提として話しますね。
 
女性を前にして、ドキドキしたことってありますよね?
 
そういう緊張状態が、テストステロンの分泌にいいようです。
 
テストステロンを高めて見えないフェロモンで女性を魅了して、さらに女性でドキドキすることでテストステロンが高まる。
 
女性と話したりすることは、テストステロンの増加にいいそうですね。
 
 
 
ポジティブシンキング
最後は、気持ちの問題です。
 
ポジティブシンキングをしろ!というのではなく、ネガティブシンキングをしないようにする!
 
といった感じです。
 
負けた〜とか、は〜ぁといった落ち込む様な心理状態。
これは、テストステロンレベルに悪い影響を与えるそうです。
 
なので、どうせならポジティブシンキングしよう!
ということです。
 
筋トレとか運動とか、規則正しい生活リズムとかも、気持ちが前向きなら頑張れそうですよね!
 
 

まとめ

いかがでしたか?
 
僕も最近、筋トレに力を入れるというか、しっかり習慣化しようと考えています。
 
ホルモンとか身体の機能はなかなか変えられないので、それを基準にして日常生活の過ごし方を考えていこうかな、なんて思っています。
 
それでは!