青空の下でコーヒーを

自分がわからなくなった自分ために、自分を表現するためのブログ

GABAでストレス対策!

どーも!青空コーヒーです!
 
 
みなさんは、GABAというものを聞いたことがありますか??
 
最近はチョコレートにも、GABA入りとかいうのが売ってますよね。
 
 
でも、GABAってなんでしょう?
どんな効果があるのでしょう?
なぜストレス社会に向けたチョコレートにGABAなのでしょうか?
 
 
今回はGABAについてまとめます。
テーマは、
「GABAでストレス対策!」
です!
 
 
 
目次
 
 

GABAとは?

まずはGABAについて。
 
日本語では、γ(ガンマ)アミ酪酸と呼ばれます。
英語では、gamma-aminobutylic acidです。
頭文字をとってGABAです。
発音は普通にギャバです。
 
 
つまり!GABAとはアミノ酸の一種
 
 
 
このGABAの歴史としては、1950年に哺乳類の脳から発見されたそうです。
なんの哺乳類かは置いておきますね。あんまり調べてもわからなかったので。
 
グルタミン酸や興奮性神経伝達物質から作られる、タンパク質を構成しないアミノ酸というのが特徴らしいです。
 
そしてこのGABAは、海馬、小脳、脊髄という人間の中枢部分に存在します。
 
 
 
また補足ではありますが、GABAの生成に関係する効能がある乳酸菌を利用した発酵乳製品は、特定保険用食品として承認されているようです。
 
とにかく、めっちゃ重要っぽいってのだけわかってもらえればいいです(笑)
 
 
 

GABAの効果

GABAは抑制系の神経伝達物質です。
この効果は、すごいです。
 
脳機能の改善
なんか聞くだけですごそうですよね(笑)
 
まぁこれはもちろん大げさなんですけど、そういう研究もあるようです。
次からが本題です。
 
 
抗ストレス作用
興奮性神経伝達物質としては、ドーパミンアドレナリンなどが有名です。
 
これらは、脳の扁桃体と呼ばれる箇所がストレスを受けることで、身体を緊張状態にするために分泌されます。
 
一方、抑制系の神経伝達物質として、GABAがあげられます。
セロトニンも抑制系っぽいんですけど、調整系と呼ばれるようです。
これは今後まとめます。
 
 
これらの抑制系神経伝達物質は、扁桃体の活性化を抑制します。
 
 
 
なので、まぁ細かい過程を省いて結果だけ見るのであれば、
 
GABAによってストレスが抑制された、ということになります。
 
 
 
血圧を下げる
GABAには、血圧を下げる効果もあります。
 
というのは、先ほど言ったようにノルアドレナリンの分泌を抑えるからです。
 
緊張状態を作って筋肉がいつでも動けるようにするために、血圧を上げる作用があるのがノルアドレナリンです。
 
なので、GABAがノルアドレナリンの分泌を抑えることにより、血圧が上がらずに済みます。
 
 
 
 
結果として、GABAによって緊張状態にはならずにリラックス状態へと落ち着きます
 
このため、リラックスすると出るアルファ波が観測された、という研究もあります。
 
 
 

GABAが不足すると?

GABAが不足するとどうなるか、もうおわかりですよね?
 
扁桃体の抑制ができなくなり、
 
ストレスに過剰反応してしまい、
 
ストレスホルモンであるノルアドレナリンドーパミンが分泌され、
 
緊張状態が続き、
 
血圧が上がり、
 
 
 
最悪の結果は鬱状態にまでなります。
 
 
 
 
こうはなりたくないですよね。
 
では、どうすればいいのでしょうか。
今回はGABAに注目して考えていきましょう。
 
 
 

GABAを摂る方法

以前にセロトニンを紹介した際は、トリプトファンは摂りすぎ注意と言いました。
 
しかしGABAには、そういう記事は見当たりませんでした。
 
おそらく、摂りすぎたらどうこうとかはないのかなと思います。
 
 
ですが、バランスの取れた食事は前提です。
 
その上で、にはなりますが、
 
ストレスで悩む場合 : 100 mg
不眠で悩む場合 : 200 mg
 
というのが目安のようです。
 
そして、抗ストレスのためには、1回の食事で30mg以上のGABAを摂るとよいらしいです。
 
 
 
GABAが多く含まれる食材としては、
 
 
  • 発芽玄米
  • トマト
  • ナス
  • アスパラ
  • かぼちゃ
  • きゅうり
  • メロン
  • みかん
  • 漬物
  • キムチ
  • チョコ
  • コーヒー
  • 醤油
 
 
などです。
 
特に注目は、発芽玄米キムチです。
 
発芽玄米には、なんと100mg中に10mgものGABAが!
これは白米の10倍という数値ですから、驚きです。
 
お椀一杯で大体150mgのお米らしいので、白米から発芽玄米にするだけで効果は期待できます。
 
 
 
そしてキムチからは、GABAの高能率生産に使える乳酸菌が発見されたそうです。
 
 
 
なので、発芽玄米とキムチの組み合わせは、抗ストレスに最強のようですね。
 
あとは野菜にも多くGABAは含まれているので、バランスの良い食事を摂れば抗ストレスは期待できます。
 
 
 

まとめ

いかがでしたか?
 
GABAという名前は知ってても、それがなんなのかは知らない方は多いのではないでしょうか。
 
発芽玄米とキムチ主体で抗ストレスを目指す生活もありかも?(笑)
 
 
まぁ、扁桃体を抑制する方法はいろいろありそうですし、僕も今後勉強してまとめていきますね。
 
 
それでは!